日本人が美白に憧れる理由について

最近、美白に関する女性の意識が高くなったとして、マスコミで『美白ブーム』という言葉が使われてますが、女性が美白に憧れるのは、本当に『ブーム』なのでしょうか?

 

ここ10年の肌の流行の中で、一時期は『ガングロ(顔黒)ブーム』と言われていた、マスコミが作り上げた奇妙なブームがありましたが、アッという間に衰退しました。

 

『ガングロ(顔黒)ブーム』が長続きしなかった理由は、日本人が潜在的に持っている美意識に合わなかったからだと言われています。

 

それは、ずっと昔から日本人が美しいと感じる女性の条件の1つに、色白(美白)が含まれているからです。

ずっと昔から色白(美白)は美しいと思っている日本人

京都の祇園にいる舞妓さんなど、日本人女性の伝統的な文化として数百年前からあり、今も存在している女性のスタイルです。

 

美白 舞妓さん

舞妓さんの衣装や立ち振る舞いなども含めて、直接見られた大半の方は、美しいと感じるのではないでしょうか?

 

そして、ご存知の通り、舞妓さんは顔を色白にするために、おしろい(白粉)を塗っています。

 

昔の日本人も今の日本人も数百年変わらない色白の舞妓さんを見て美しいと思う感覚があるのです。

 

逆に、昔からずっと、日本人が色白の舞妓さんが美しいと感じてるからこそ、今でも、この伝統が続いてるのだと言えます。

 

ほかにも、日本には色白の女性は得をするという故事で『色の白いは七難隠す』という言葉や、例えとして『雪のように白い肌』という言葉もあります。

 

これもまた、日本人が色白の女性を良く思っているからこそ、生まれた言葉です。

 

日本人女性が色白(美白)に憧れるのは、決して『ブーム』でなく、日本人女性が理想的な美しさと思う『本質部分』の1つだからこそ、当然ではないでしょうか?

美白化粧品とは?

美白化粧品 効果

美白化粧品の種類は大きく分けて美白化粧水、美白美容液、美白石鹸、美白クリーム、美白ローション、美白パックなどのさまざま種類あり、肌のターンオーバー促進や保湿効果を高める成分などが一緒に配合されている商品もあります。

 

その中でも、スキンケアの土台とも言われている美白化粧水は、今まで美白化粧品を使用したことのない、初心者の方でも手軽に始められる美白化粧品とも言えます。

大きく2つに分かれる美白化粧品を使う目的

美白化粧品は、現状で肌表面に表れてる、シミやくすみ、そばかすなどを薄くしていく『対策目的』の商品と、将来的にシミやくすみなどの原因となるメラミンなどを抑制し、肌トラブルを未然に防ぐ『予防目的』の商品があります。

 

そういった面で、美白初心者の方は、事前に美白化粧品のお試し品セットを利用して、自分に合うものを継続使用して美白や美肌を保つための有効な方法です。

美白化粧品 お試し品

 

また、美白化粧品ではありませんが顔の肌トーンを上げて美白感を増すには、最近は手頃な価格になってきた脱毛エステを選んで通ったり、脱毛エステやサロンと同じ方式が使われているネット通販などの家庭用の脱毛器を利用して、顔の産毛脱毛を実践されるのも効果的です。

美白化粧水の役割と効果

そもそも化粧水の役割というのは、洗顔や入浴によって失われた、顔の水分を潤わせるためにあります。

 

美白化粧水 お試し品

化粧水を利用することで、皮膚の突っ張った感覚、カサカサした感覚を軽減する効果があります。

 

ですが、美白化粧品のトライアルセットに含まれるてる化粧水は、さらに配合成分の中に皮膚に良いとされている、美白効果の高い成分を配合することによってできています。

 

美白と言うのがニキビやふきでもの、シミやくすみが無くハリのある、つやつやの肌、よく言われるのが『透明感のある肌』と言われますが、美白化粧水の役割としては、化粧水の成分で潤いをもたせ、ハリのある肌を目指します。
美白ケア 美白化粧品美白に言われる透明感のある肌を作るには

 

そして、美白効果のある成分、もしくは漂白効果のある成分を配合することで、シミやくすみを取り除いていきます。
美白ケア 美白化粧品紫外線がシミ・くすみなど肌トラブルを起こす理由

美白化粧品に多く配合されている成分

美白化粧品に配合されている代表的な成分はハイドロキノンシムホワイト377フラーレンアルブチンが当たり前とされており、美白化粧水と書かれている化粧水の大抵の商品には、どれかが配合されていることが多いです。

 

ほかにも、ビタミンCやビタミンEが配合されており、これらのビタミン類は、美白の天敵である紫外線からくるメラニンを抑える効果も促しています。

 

また、ビタミンCを化粧品用に浸透力を高めたビタミンC誘導体やアルブチンは、厚生労働省の認可を受けた美白成分でもあります。
美白化粧品 美白ケア厚生労働省が認可した美白成分の種類と特徴

 

メラニンを抑えることで、少しずつですが肌が白くなりやすくなるため、ビタミン類がメラニンを抑える役割というのは、美白の中ではとても大事なことです。
美白ケア 美白化粧品日焼け肌とメラニン色素について

 

今の時代の女性達は、化粧品を選ぶうえで、美白を前提として選ぶことが大半です。

美白化粧品の定義って?

美白化粧品 お試し

美白化粧品の定義は、美白効果が少しでも入っていれば、美白化粧品になってしまいます。

 

そのため、商品に美白化粧品と書いているからといって、何でも良い訳ではありません。

 

自分に合う美白化粧品を使い続けるというのは大前提で、先程のハイドロキノン、シムホワイト377、フラーレン、ビタミン類などの成分量がどれくらい入っているかも見極める基準にした方が間違いありません。

 

いきなり、高価な美白化粧品セットを購入するのでなく、ご自身の肌状態などのコンディションや目的、配合成分などを確認されたうえで、美白化粧品のトライアルセットから始めると良いと思います。
美白化粧品 美白ケア美白化粧品のトライアルセットを使う本当の意味でのメリットは?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

PR