30代の美白ケアについて

30代の肌というのは、20代に比べると少しずつですが、衰えてきます。

 

30代 美白

衰えるという言葉は、あまり良くないのかもしれませんが、30代になった女性ならば感じたことがあると思います。

 

たとえば、季節の変わり目など、毎日、気温や湿度が変わる状況になると、30代を境にして肌荒れが多く安定しないと感じることも多くなると言われます。

 

少しずつ肌のハリがなくなってきて、気付くと小さなシミや薄くできたくすみを見つける人も増えてきます。

 

それでも、まだまだ年齢的には若いので、30代からお肌に合った美白化粧品を選んで使い始めても、充分間にあう年齢です。

 

30代は大事な年齢で、これから美白化粧品ケアを行なうチェックポイントとしては、『予防目的』でやっていくか『対策目的』でやっていくかで変わっていきます。

30代の美白化粧品選定ポイント

特に、肌表面上にシミやくすみができていない状態でしたら、20代の美白化粧品ケアと同じ『予防目的』で、フラーレンとビタミンが入っている化粧品が絶対に良いです。
30代 美白化粧品20代の美白ケアと美白化粧品を選ぶチェックポイント

 

すでに、肌表面上にシミやくすみなどが出始めてるなら『対策目的』として、フラーレンより漂白効果の強いハイドロキノン配合の美白化粧品をおすすめします。
20代 美白化粧品美白成分 ハイドロキノンとは

30代の美白ケアに理想的な美白化粧品

ビーグレン

その中で、美白化粧品として評価の高い製品のビーグレンは、美白効果を優先的に考えて作られているといって良いほど、ハイドロキノンの浸透力に力を入れています。

 

継続的に利用し続ければ、薄いシミやくすみなら直ぐに効果を感じることが可能です。

 

アンプルール

最近では、ビーグレンと同様にハイドロキノンが配合され、2種類のビタミンC誘導体、保湿成分のヒアルロン酸、セレブロシド、酵母エキスなどが配合され、トライアルセットで7品の美白化粧品を試すことができる、アンプルールにも注目が集まっています。

 

30代 美白化粧品ハイドロキノン配合美白化粧品、ビーグレンとアンプルール比較

30代の美白化粧品選びは肌状態の把握がポイント

上記のように、同じ30代と言っても現状の肌状態で『予防目的』か『対策目的』で、選ぶ美白化粧品が変わってきます。

 

20代の美白ケアは、ほとんどの人が『予防目的』の美白化粧品を利用すれば良いので、人によってそこまで代わることはありません。

 

しかし、30代の美白ケアは、その人の現状の肌状態によっては、選択するべき美白化粧品が違います。

 

それでも、絶対に必要なのは美白効果のあるハイドロキノンやフラーレン、そして美肌といえばビタミン類です。
20代 美白化粧品美白成分 フラーレンとは 30代 美白化粧品美白成分 ビタミンCとは

 

さらに欲を言えば保湿も30代の美白ケアから、特に大事になってきますので、上記の成分以外に肌に潤いを与えるスキンケアを意識して選ぶことをおすすめします。

 

30代は、若い頃やっていた無茶が少しずつ肌や体に現れはじめる年齢でもあるので、ここからが美白や美肌でいるための踏ん張り所なのです。

30代の美白化粧品ケアまとめ

30代 美白ケア自分の肌を確認して『予防目的』か『対策目的』かを判断する
30代 美白ケア『予防目的』は20代に合った成分の美白化粧品
30代 美白ケア『対策目的』はハイドロキノンなど漂白効果の高い美白化粧品
30代 美白ケア美白のこと以外にも、肌の保湿効果にも気をつける

30代 美白化粧品30代にオススメの美白化粧品お試し品ランキングはこちら

NEXT:40代の美白ケアと美白化粧品を選ぶチェックポイント

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

30代の美白ケアと美白化粧品を選ぶチェックポイント記事一覧

美白化粧品 ランキング

20代〜50代女性の美白ケアや美白化粧品選びで、最も難しく、そして重要なのが30代です。30代でもターンオーバーなどの肌機能は、充分に働いていますが、その反面、うっすらとシミやくすみの兆候が現れる人もいます。30代の美白ケアは、自分の肌状態をしっかりと把握することが、とても重要です。それにより、20代の頃のようにメラニン色素の生成を抑える予防効果の美白化粧品か、シミやくすみの兆候の表れた肌を漂白す...