秋から冬にかけての美白ケアのポイント

秋 美白ケア

秋から冬にかけての美白ケアで一番気にする所は乾燥です。

 

春や夏は紫外線が多く、皮脂も多い時期でしたが、逆に秋や冬は皮脂が少なく、乾燥しやすい時期となります。

 

その為、美白ケアとして、一番意識するのは保湿力です。
秋 美白ケア美白ケアでの保湿の重要性

 

寒い時期でもお日様はあるわけですから、紫外線もあります。

 

もちろん、この時期でも紫外線対策として、日焼け止めを塗ったり、日傘を差したりするのは大事な事です。

 

これらの点を意識しながらも、秋はお肌の保湿力を高めながらの美白ケアを実践されてみてください。

秋から冬にかけての美白ケアに重要な保湿

しかし、それ以上に、保湿で肌の基礎ができてなければ、どんなに紫外線から肌を守っても、本当の意味で肌を守りきれていないことになります。
秋 美白ケア保湿力が高く肌に優しい美白化粧品ランキング

 

秋 美白ケア

保湿が足りずに肌自体がとても敏感だと、1受けた刺激が10として肌にきてしまうというわけです。
秋 美白ケア敏感肌の美白ケア
逆に、肌がしっかり整っていれば、1受けた刺激が0.5ですむ可能性があるわけです。

 

だからこそ、秋から冬の間に、しっかりと保湿をします。

 

さらに、秋と言うのは一年の中で一番美白ケアとしては忙しい大事な時期です。

 

春から夏にかけての紫外線で生成されたメラニンが、この時期に現れやすいので、スキンケアやアフターフォローを秋にしっかりしていないと、冬や次の春に大きく影響してきます。

秋から冬にかけての美白化粧品利用は?

使用する美白化粧品は、なるべく漂白効果の高いハイドロキノンや、メラニンを抑制させるビタミン類などが配合され【化粧水+保湿力】が高い物を選んでください。
ハイドロキノン デメリットハイドロキノン配合の美白化粧品ビーグレンとアンプルール比較

 

秋 美白ケア パック

夜は保湿クリームや顔パックなどで肌に潤いや休息を与えると、より効果的に美白に近づけます。

 

夏などは、皮脂の関係で保湿力が高過ぎたり、保湿クリームを使用するタイミングを間違えると、余計に肌が焼けてしまいます。

 

しかし、この時期からの保湿や化粧水は、思う存分にもったいぶらずに使っていくと良いです。

 

目には見えていませんが、秋から冬は今までのメラニンが蓄積されていますので、肌のターンオーバーを活性化させ、隠れシミをなくしておきましょう。
秋 美白ケア隠れジミの予防と解消について

 

これ以上、メラニンを作らせない為の日焼け止めや日焼け防止グッズ、すでに肌表面に現れたシミやくすみを消したり、薄くすることを心がけることで、冬の終わりには、去年以上の美白を手に入れることが可能です。

 

NEXT:冬から春にかけての美白化粧品ケア

 

このエントリーをはてなブックマークに追加