美白成分アルブチンとは

美白成分 アルブチン

アルブチンは、コケモモやナシ、ウワウルシなどの植物に含まれる成分で、ローションやクリームなど、いろいろなタイプの美白化粧品に配合されています。

 

アルブチンは、美白作用があるとして厚生労働省からも、正式に認可されている美白成分です。
アルブチン デメリット厚生労働省が認可した美白成分の種類と特徴

 

また、美白成分以外の利用方法として、利尿作用や尿路殺菌作用の効果が高いことで、尿路消毒薬としても使われています。

 

美白化粧品の成分としての特徴は『予防目的』の成分となります。

美白成分アルブチンの効果と特徴

アルブチンの主な効果は、メラニン色素の抑制になります。

 

メラニン色素は、チロシナーゼという酵素によって合成され、紫外線などが引き金となってチロシナーゼが過剰に分泌されると、メラニン色素がたくさん合成されます。

 

アルブチンには、このチロシナーゼが過剰につくられるのを抑える強い働きがあり、それにより過剰な量のメラニン色素が生成されるのを防いだり、色素が沈着するのを予防する効果が期待できます。
アルブチン デメリット美白成分 ハイドロキノンとは

 

アルブチンのメリットは、本来は植物由来の成分で、副作用の起こる可能性がとても低いという点です。

 

アルブチンには、刺激を起こす成分がほとんどないので、妊娠中や敏感肌の方でも安心して使用できるというのが人気のポイントです。

 

逆に、アルブチンのデメリットは、作用がゆるやかなため、効果を実感できるまでに時間がかかるという点です。

 

また、シミ原因を予防する点では効果が期待できますが、すでに色素沈着してシミになってしまっている場合には、アルブチン単独ではあまり効果は期待できません。

 

また、アルブチンは漂白効果の高い成分であるハイドロキノンに対して、誘導体としての効果があります。
アルブチン デメリットハイドロキノン配合の美白化粧品の仕様比較

 

すでに起こってしまったシミに対しては、アルブチンだけではなく、ビタミンC誘導体や、そのほかのビタミン類などと組み合わせてケアするのがおすすめです。
アルブチン デメリット美白成分 ビタミンCとは

美白効果を高めた合成されたアルブチン

また、アルブチンは本来ならおだやかな効き目を感じられる成分なのですが、合成されたアルブチンやα(アルファ)型アルブチンより、約10倍の美白効果を持つβ(ベータ)型アルブチンというものがあります。

 

しかし、効果が高かったり、化粧品の価格が抑えられる半面、副作用があったという報告も、ごく少数ですが挙げられています。

 

妊娠中や敏感肌の方の場合、天然のα型のアルブチンを選んだり、使用前にパッチテストを行うことで、トラブルを回避するのも良い方法といえます。
アルブチン デメリット美白化粧品のお試し品、配合成分の比較一覧表

 

このエントリーをはてなブックマークに追加