美白化粧品で異常を感じたら

美白化粧品 異常

新しい美白化粧品を使い始める時、不安に感じるのは、もし肌に合わなかったりなど、異常を感じた時に、どう対処したり、どこに相談したら良いのかということです。

 

特に、先日のカネボウの美白化粧品を使用された方に表れた白斑(まだら)の問題で、美白化粧品に対して不安を抱えてる方が多いと思います。
美白化粧品 異常カネボウの美白化粧品回収問題について

 

本来、化粧品メーカーは『ユーザーに健康被害を出してはいけない』というのが、最低の絶対条件なのですが、新しい化粧品を使う時は自己防衛として、まずパッチテストを行いましょう。

 

パッチテストは、薬剤などに対してアレルギー反応があるかを確認するテストです。

初期段階で美白化粧品での異常をチェックするパッチテストの方法

パッチテストには2種類の方法があるので、自分が納得できる方法を試してください。

簡易的なパッチテスト

簡易的なパッチテストは、試してみたい化粧品を、太ももや二の腕の内側など、皮膚の柔らかい部位に10円玉大に塗り広げます。

 

その後、そのまま24時間が経過するまで待って、赤みやかゆみなどの反応が出ていないかどうかをチェックします。

 

本格的なパッチテスト

本格的なパッチテストの場合は、コットンや絆創膏を使い肌に48時間密着させて様子を見ます。

 

注意点としては、両パッチテストとも、お風呂に入る時は、肌のテスト部分が濡れないようにビニールなどを巻きましょう。

 

また、どちらの方法も化粧品を拭取った後、1時間後や翌日の様子も確認しておくと、さらに確実です。

美白化粧品のパッチテストで異常を感じた場合

美白化粧品でのパッチテストを行なって、肌がかぶれたりするなど、アレルギー反応を起こす場合、3つの原因があります。

  1. もともと、かぶれやすいアレルギー体質だった

  2. アレルギーの原因となるかぶれやすい成分が、使った化粧品に入っていた

  3. たまたま、自分の体調が悪い時期と重なってしまった。

3つ目の自分の体調が原因だった場合では、生理前のホルモンバランスの崩れなどで、それまで使っていた化粧品にも、反応を起こしてしまうことがあります。

 

特に、1度でも化粧品でかぶれたり、肌トラブルで異常を感じた経験のある人は、面倒でもパッチテストを行った方が、安心して新しい化粧品を使い始めることができます。

美白化粧品の異常を相談できる商品相談窓口を確認

試してみたい美白化粧品が見つかったら、そのメーカーに相談窓口があるかどうかも、チェックしてみましょう。

 

また、化粧品メーカーによっては、お試し品でも購入後の一定期間内なら、返品・返金対応に応じてくれるメーカーもあります。

 

このようなアフターサービスも、初めて使うメーカーの化粧品を選ぶ時には、参考にできると思います。

 

美白化粧品は、長く使い続けていくことで、効果が実感できます。

 

きちんと対応してもらえるメーカーの相談窓口があれば、美白化粧品を使い続けていくうちに、もしも異常を感じたり、使い方に疑問が出てきた時にも安心です。
美白化粧品 異常美白化粧品のお試し品、仕様比較一覧

 

このエントリーをはてなブックマークに追加