美白成分フラーレンとは

フラーレンという言葉を知らずに、美白化粧品を利用している人も多いですが、フラーレンも美白成分では人気のある成分の一つです。

 

フラーレンは、過去にノーベル賞を受賞したことがある物質で、抗酸化作用、メラニン抑制など美白だけでなくアンチエイジングにも向いているとされています。

 

フラーレンが配合されている化粧品のメリットは、上記に記載したとおり、抗酸化作用が強いため肌の酸化を防ぎ、シミやくすみなどの対策予防になります。

 

前述に記載した美白成分、シムホワイト377とは違うアプローチ方法で、将来のシミやくすみを防ぐ『予防目的』の成分でもあります。
フラーレン デメリット美白成分 シムホワイト377とは

 

このように、メラニン抑制だけでなくフラーレンは、ビタミンC以上の美容効果があることから、エイジングとしても大きな意味があります。

美白成分フラーレンの効果と特徴

フラーレンには、特にデメリットは特にありません。

 

しかし、化粧品や化粧水は相性がありますので、利用して効果がないと感じる人も中にはいるようです。

 

今まで販売されたフラーレン配合の化粧水や化粧品で大きなトラブルは一切ないので、フラーレンで肌あれや炎症が起こることは、ほとんどありません。

 

だからこそ、フラーレンは人気があるのす。

 

ただ、人気が出てから色々な種類のフラーレン関連化粧品が発売されてるので、どれを購入するか悩む人もいるはずです。

美白成分フラーレン配合の美白化粧品で悩んだら?

もし、フラーレン配合の美白化粧品で、どれを買うか悩んでいるようでしたら、右図の『R.Sマーク』がついた化粧品を選べば安心です。

 

R.Sマーク

このマークの化粧品は、フラーレンを規定値以上の配合した商品のみ許されるマークなので、フラーレンの量や濃度自体への不安はありません。

 

まして、配合量や濃度が劣る化粧品を購入する心配もないので、安心してご利用いただけます。
フラーレン デメリット『R.Sマーク』付き美白化粧品のフラセラ

 

フラーレンは美容クリニック界で今や当たり前の美肌物質の一部とされています。

 

クリニックなどでオリジナル配合されるほど、主流となっている所もあるほどです。

 

フラーレンは美白を求めている人には、ビタミンC以上にお薦めしたい美白成分の1つと言えます。
フラーレン デメリット美白化粧品のお試し品、配合成分の比較一覧表

 

NEXT:美白成分ビタミンCとは

 

このエントリーをはてなブックマークに追加