冬から春にかけての美白ケアのポイント

冬 美白ケア

『冬こそ美白』という言葉がありますが、1年の内で最も紫外線が少ない時期だからこそ、冬の美白ケアは重要です。

 

冬から春にかけての美白ポイントも保湿です。

 

特に冬は、季節の中で1番肌が乾燥する時期ですから、冬の肌ケアには保湿力の高い化粧品を意識する必要があります。
冬 美白ケア美白ケアでの保湿の重要性

 

まず、冬はとにかく秋以上に乾燥が目立ちます。

 

また、全体的に空気が乾燥していることに合わせて、屋内では暖房として使っているエアコンが、さらにお肌も乾燥させてしまいます。

 

乾燥というのは、シミやくすみの原因になり、お肌が乾燥しているだけで化粧のノリも全く変わってきます。
冬 美白ケア乾燥肌の美白ケア

 

夜にしっかりと保湿をして寝るのと、保湿しないで寝るのでは、翌日の肌状態が大きく変化するほど、一日の乾燥量は大きいです。

冬から春にかけての美白化粧品利用は?

冬の美白ケアとしては、夜のうちに美白効果と保湿効果の高い化粧水、美容液、乳液、保湿クリームでのフォローをおすすめします。

 

冬 美白ケア

乾燥が酷い人は、肌の相性によってワセリンなどを利用しても、効果が出やすいです。
冬 美白ケア保湿力が高く肌に優しい美白化粧品ランキング

 

ただし、このスキンケアの流れは、夜にやってこそ意味があって、朝にやってしまうと日焼けの原因になりやすいので、気をつけてください。

 

寝る前にしっかりと保湿をしておけば、翌日の朝のスキンケアは化粧水と乳液だけで充分なものなのです。

 

冬だからといって日焼け止めを塗り忘れないことが、実は、美白になるために重要だったりします。

 

冬場は紫外線が少ないと言って、安心している人が多いですが、少ないからと言ってもゼロではありません。

 

紫外線の照射量が少ない時期だからこそ、美白ケアや日焼け防止はやっていく必要があります。


冬から春にかけての美白ケアと紫外線対策

無事に冬の乾燥を乗り越えても、紫外線が多いとされている春がやってきます。

 

春 美白ケア

陽気も良く、花も綺麗で、外に何時間いても苦痛になりませんが、この時期からは一年の間で一番日焼け止め対策を施す必要があります。

 

外に居たら、その分紫外線を浴び、アフターフォローも必要なので、抗炎症作用の高い化粧水と、保湿力の高い冷えた顔パックなどを定期的に利用していると、効果的に肌を綺麗なまま継続することができます。

 

春の美白ケアは、冬に比べて保湿から紫外線抑制へと主点を変えるので、利用している化粧品も少しずつ変えていくことをおすすめします。

 

また、冬では欠かせなかった保湿クリーム系は、春に、そこまで必要としませんので、容量を考えて利用した方が良いです。

 

また、肌コンディションの維持には、直接的な関係がないと思われがちですが、一年を通じて冬は便秘で悩む方が最も多い季節でもあり、慢性的な便秘状態になってしまうと肌コンディションを低下させる色々な弊害が表面化します。

 

このように、根本的な肌コンディションを低下させ、美白ケアの効果まで下げてしまう慢性的な便秘は、冬だけに注意するのではなく、また、普段から慢性状態になっている便秘解消は優しく即効性の高い方法で試みてください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加