花弁上色素斑の治療について

花弁上色素斑(かべんじょうしきそはん)は、海水浴など野外で強い紫外線を浴びてしまったときに、過度にメラノサイトが活性化して起こるシミです。
花弁上色素斑 治療日焼け肌とメラニン色素

 

花弁上色素斑は、水ぶくれなど日焼けの症状が治まり、しばらくして表れてきます。

 

早ければ1〜3カ月後、遅い場合では数年が経ってから表れ、海水浴などで紫外線をたくさん浴びやすい、肩や背中、腕、手の甲、胸元などにできます。

 

花弁上色素斑は、名前の通り花びらや金平糖(こんぺいとう)のような形で、境界がくっきりしていて、淡い褐色から黒っぽいものまであります。

 

比較的、肌の白い人の方が、慢性的にメラニン色素が少なく、紫外線に対するダメージを受けやすいので、花弁上色素斑が表れやすいと言われています。

 

逆に、もともと色黒な人の方が、メラニン色素が多いので、紫外線によるシミは起こりにくいとされています。

 

花弁上色素斑は、紫外線によって起こるシミなので、日焼け止めをこまめに塗り直す、衣類でお肌を保護するなどの対策を取ることが重要になってきます。

花弁上色素斑を医療機関で治療する場合

花弁上色素斑は、メラニン反応のレーザーによるシミ治療が有効だとされています。

 

しかし、広い範囲に花弁上色素斑の症状が出ている場合には、施術にかかる費用も高額になってしまいます。

 

そのため、美白化粧品の使用やピーリングなどを試して様子を見て、レーザー治療を選択肢に入れるという方法もおすすめです。
花弁上色素斑 治療美白ケアのピーリングとは

花弁上色素斑への美白化粧品効果と有効成分

多少の紫外線ダメージによる花弁上色素斑なら、美白化粧品の効果が期待できます。

 

美白化粧品の中でも、特にシミを薄くする作用のあるハイドロキノン、メラニン生成を抑える働きのビタミンC誘導体、α-アルブチンなどが含まれている物が効果的です。
花弁上色素斑 治療ハイドロキノン配合美白化粧品の特徴比較

 

しかし、花弁上色素斑は、紫外線による強いダメージ蓄積によるシミで、皮膚の内部にメラニン色素が完全に定着している物も多くなります。

 

そのため、度重なる紫外線ダメージの花弁上色素斑に対しては、美白化粧品による大きな改善は期待できません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

花弁上色素斑の治療について関連ページ

老人性色素斑
老人性色素斑は加齢とともに良くできてしまうシミですが、はたして美白化粧品で老人性色素斑を薄くすることは可能なのでしょうか?このページでは老人性色素斑に関する知識と、老人性色素斑に有効と言われる美白化粧品に特化したとっておきの情報が満載です
脂漏性角化症
脂漏性角化症は老人性色素斑が進行したものです。ここでは悩ましい脂漏性角化症に関する詳しい情報と脂漏性角化症を目立たなくさせる方法がぎっしりと詰め込まれています。脂漏性角化症は美白化粧品で治療することが出来るか?このページを見ればわかります!
雀卵斑(そばかす)
雀卵斑とはそばかすの事を指しますが、レーザー治療を施してももとに戻る事も多いと言われていることも事実…このページでは出来てしまった雀卵斑を薄くするための知識や増やさないコツなどがしっかりと提示されています。雀卵斑でお悩みの方は必見の内容です。
炎症性色素沈着
ニキビが悪化しシミになる事を炎症性色素沈着と言いますが、このページでは炎症性色素沈着によるシミを美白化粧品できれいにするためのコツが満載です。また正しいスキンケアの方法やシミができやすい人とできにくい人の違いといった情報までヴォリューム満点でお届けしています。
肝斑
肝斑があるとお肌が一気に老け込んだ印象となるので、薄くしたい方も多いでしょう。ここでは肝斑を薄くするためのエッセンスがしっかり詰まっていますので肝斑にお悩みの方は是非ご覧ください。予防法や美白化粧品の選び方等もここでばっちりですよ!