肝斑の治療について

肝斑(かんぱん)は、額やほお、口の周りなどに表れるシミです。

 

肝斑は、左右対称に表れるというのが大きな特徴なのですが、老人性色素斑などが、たまたま左右同じような場所にできるということもあります。
肝斑 治療老人性色素斑の治療

 

肝斑は、色味は薄く、比較的広い範囲にモヤっと広がり、輪郭がはっきりしないという特徴があり、目の近くにはできずに、色が抜けたような感じに見えることもあります。

肝斑が発症する年齢や原因

肝斑は、30〜40代に多く発症するのも特徴のひとつです。

 

そばかすと呼ばれる雀卵斑は、幼児期や思春期での発症が多く、老人性色素斑は加齢とともに増えていきます。
肝斑 治療雀卵斑(そばかす)の治療について

 

しかし、肝斑の場合、遅くとも50代の前半位までに症状がみられると言われています。

 

逆に、60代以降に肝斑の発症はほとんどなく、そのくらいの年代になると、シミが薄くなったり消えたりすることが多くなります。

 

また、経口避妊薬(ピル)の摂取や妊娠がきっかけで発症することが多くなります。

 

なので、女性ホルモンの変化によって紫外線にお肌が敏感に反応してしまい、それが肝斑の発症する原因になると考えられています。

 

また、ストレスも肝斑やほかのシミを発症させる原因になり、シミがあるという状態がストレスになり、さらにシミができる・・・という悪循環にもなります。

肝斑への美白化粧品効果と有効成分

肝斑は、60代を過ぎると多くの人は薄くなる傾向にありますが、少しでも早く薄くしたいなら、美白化粧品がおすすめです。

 

肝斑にはハイドロキノンやビタミンC誘導体、トラネキサム酸などが有効です。
肝斑 治療ハイドロキノン配合美白化粧品の特徴比較

 

それに合わせて、トラネキサム酸の入った飲み薬もあるので、美白化粧品と併用すると、さらに素早い効果を期待することができます。

 

また、肝斑は外からの刺激にも影響を受けます。

 

クレンジングや洗顔、化粧水をつける時など、こすってしまう刺激などで、過敏に反応してしまいます。

 

美白化粧品を使う時には、シミに効かせたい一心で、ついつい手に力が入ってしまいますが、お肌に優しく成分を浸透させることを心がけて使うようにしましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

肝斑の治療について関連ページ

老人性色素斑
老人性色素斑は加齢とともに良くできてしまうシミですが、はたして美白化粧品で老人性色素斑を薄くすることは可能なのでしょうか?このページでは老人性色素斑に関する知識と、老人性色素斑に有効と言われる美白化粧品に特化したとっておきの情報が満載です
脂漏性角化症
脂漏性角化症は老人性色素斑が進行したものです。ここでは悩ましい脂漏性角化症に関する詳しい情報と脂漏性角化症を目立たなくさせる方法がぎっしりと詰め込まれています。脂漏性角化症は美白化粧品で治療することが出来るか?このページを見ればわかります!
雀卵斑(そばかす)
雀卵斑とはそばかすの事を指しますが、レーザー治療を施してももとに戻る事も多いと言われていることも事実…このページでは出来てしまった雀卵斑を薄くするための知識や増やさないコツなどがしっかりと提示されています。雀卵斑でお悩みの方は必見の内容です。
炎症性色素沈着
ニキビが悪化しシミになる事を炎症性色素沈着と言いますが、このページでは炎症性色素沈着によるシミを美白化粧品できれいにするためのコツが満載です。また正しいスキンケアの方法やシミができやすい人とできにくい人の違いといった情報までヴォリューム満点でお届けしています。
花弁上色素斑
花弁上色素斑で悩んでいる方へ朗報です。このページは花弁上色素斑に関する知識・改善させる情報等、様々な視点から花弁上色素斑にアプローチをする方法が満載です。花弁上色素斑を改善させるにはまずはよく知る事!必見の内容です。