日焼け肌とメラニン色素について

日焼け肌

美白や美肌の天敵とまで言われている、紫外線と大きく関わっているのが、前項で解説したメラニンです。
日焼け肌 メラニン紫外線がシミ・そばかす・くすみなど肌トラブルを起こす

 

美白や美肌を志す人なら、このメラニンを知っておいて損はないと思いますので、今回は、さらに詳しくメラニン色素について、知っていただこうと思います。

メラニンが肌を日焼け肌に変える理由

まず、メラニンとは紫外線を浴びた際に、皮膚内に今以上の紫外線を浸透させないように守る、防衛本能のようなものです。

 

美白化粧品 ランキング

紫外線を浴びた皮膚は、皮膚の一番奥の方にあるメラノサイトが活性酸素のチロシナーゼなどと反応し、黒色系のメラニン色素を作り出し、それが日焼け肌となります。

 

このメラニン色素こそ、紫外線をこれ以上肌の奥に行かないようにする鉄壁のゴールキーパーなのです。

 

夏の陽射しで日焼けしてしまった肌を見ると『メラニンなんか要らない!』なんていう人もいますが、メラニンがなければ紫外線が体の中深くまで入ってしまい直ぐに炎症をおこしたり火傷をしてしまったりするんです。

 

紫外線の侵入が酷いと、皮膚がんになるとまで言われているくらいですから、メラニンが要らないなんてことは絶対にありません。

 

ただし、メラニンが原因で、しみやくすみ、そばかすの原因となるのも事実です。

 

メラニンは、本来、紫外線を浴びてできたとしても、少しずつ肌のターンオーバーに合わせて、押し出されていく物です。
日焼け肌 メラニン美白や美肌に重要なターンオーバーのサイクル

 

それが、メラニンを押し出す動きより、メラニンを作り出す動きの方が多ければ、古いメラニンが角質に残ってしまい、その古いメラニンがシミやくすみとなるわけです。

 

つまり、メラニンによってできたシミやくすみは私たちが気をつければ大丈夫なだけだということがわかります。

 

また、メラニンの生成を抑制し、角質に残った古いメラニンを漂白するのが、美白化粧品の効果です。

毛髪にも影響するメラニン色素の働き

日焼け肌 メラニン

ほかにもメラニン色素は毛髪などにも関係して、私たち日本人の髪の毛が黒いのは、メラニンの影響と言われています。

 

人が年齢を重ねることで黒髪から白髪になるのも、メラニン色素が生成される力が弱まってくるためです。

 

もともと黒色が付いている毛髪が、メラニンに絡まず生えてくるので白髪となります。

 

私たちが生きていくなかで、知らないうちにメラニンは、私たちの身体を外部の刺激から守ってくれています。

 

メラニンは自分自身が紫外線などの予防対策を含めた日焼け対策を心がけてれば、上手に付き合っていけるものです。

 

ただ単にメラニンが悪いと思わずに、むしろメラニンは私たちを守ってくれていると思っていれば、紫外線対策も楽しくできると思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加