厚労省(厚生労働省)に認可され美白成分の種類と特徴

厚労省認可 美白成分

毎日新しい美白化粧品が発売されていますが、その中の成分には厚生労働省が認可のある物とない物に分けられます。

 

厚生労働省が認可した美白成分は、決められた分量を正しく配合する必要があります。

 

こちらでは、厚生労働省が認可している美白成分の中で、特に美白化粧品に使用されることが多い成分や、よく耳にする成分について、いくつかまとめています。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCと言えば美容効果が高いと一般的には認識されていますが、実は肌の内部に届ける為には安定化して、肌に吸収しやすいように形をかえなければなりません。

 

また、レモン等に含まれている豊富なビタミンCですが、抗酸化作用も優れていますので、美白には欠かせない成分なのですが、肌に浸透しやすいように小さく形を人工的に加工した物を、ビタミンC誘導体と言うのです。

 

美白化粧品に配合されて時の作用は、抗酸化作用によってメラニン発生の物質である、活性酸素のチロシナーゼを抑制する働きをします。
厚労省認可 美白成分美白成分ビタミンCのメリットとデメリット

 

アルブチン

アルブチンもビタミンC誘導体と同様に、メラニン発生物質のチロシナーゼを抑制する働きをします。

 

成分は苔桃(コケモモ)やウワウルシなどの植物由来の成分から抽出されているので、お肌への刺激が少ないことも特徴の1つです。

 

また、一般的なアルブチンはα(アルファ)型が多いのですが、その効果を10倍近くまで高めたβ(ベータ)型のアルブチンがあります。

 

ほかにも、漂白効果の高い成分のハイドロキノンと同時配合されている場合には、ハイドロキノンの誘導体としての働きがあります。
厚労省認可 美白成分美白成分アルブチンのメリットとデメリット

 

プラセンタ

プラセンタとは胎盤という意味で、胎盤の成分は肌の若返り作用があると言われます。

 

そのため、プラセンタはサプリメントの主成分として配合されたり、一部では、美白や美肌効果を目的とした、プラセンタ注射としても使われています。

 

また、メラニン発生物質のチロシナーゼ抑制効果も高いため、美白化粧品には配合されていることが多く、シワやシミにお悩みの方には救世主的な物質と言えるでしょう。

厚労省認可 美白成分プラセンタ、コラーゲン、ヒアルロン酸が配合のオールインワンゲル

 

ルシノール

POLA化粧品が北欧近辺のモミに含まれる物質から発見し、独自研究したものが、ルシノールです。

 

シミが出来る時、チロシナーゼとチロシンが合体するために、シミが出来ると言われていますが、その時にルシノールが二つの物質の結びつきを阻害して、新しいシミの発生を防ぎます。

 

リノール酸

次にリノール酸ですが、不飽和脂肪酸類に含まれており、食物にも使用されることがある成分です。

 

チロシナーゼの分解促進作用とともに、肌から水分が必要以上に逃げていくのを防ぐため、美白するとともに肌の老化を防ぎます。

 

その他の厚労省認可の美白成分

ここまで表記した以外の美白成分では

  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • t-AMCHA(トラネキサム酸)
  • カモミラET
  • マグノリグナン

などがありますので、お持ちの美白化粧品の表示成分を見てチェックしてみましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加