紫外線がシミ・そばかす・くすみなど肌トラブルを起こすのは?

紫外線 シミ

紫外線はシミ、くすみ、そばかすなどのあらゆる肌トラブルの根本原因とまで言われています。

 

その為、紫外線が多い屋外では、紫外線を浴びないように、色々な努力をしている人がいます。

 

しかし、何故、紫外線を浴びるとシミ、くすみ、そばかすが増えると言われているか、本当の意味を意外と知らない人も多いはずです。

 

今回は、その紫外線が浴びることで、何故、このような肌トラブルになるのかを知っていただこうと思います。

紫外線がシミ・そばかす・くすみを作ってしまう仕組み

シミ、くすみ、そばかすには、メラニンというのがとても深くかかわっています。

 

紫外線 シミ

このメラニンが紫外線とも関係しているために、紫外線とシミ、くすみ、そばかすなどが繋がっていくわけです。

 

これらができる原因を簡単に言うなら、紫外線を浴びることでメラニンが多く発生し、そのメラニンが過剰に発生することが原因です。
紫外線 シミシミの種類と特徴

 

これだけ聞くと『メラニンなんて無い方が良い、要らない』なんて思う方もいると思いますが、メラニンは悪いものではありません。

 

むしろ、メラニンは肌を守るために必要不可欠な物です。

 

ただ、メラニンが多く発生し過ぎてしまうと、いらなくなったメラニンが押し出されずに残ってしまい、それがシミ、くすみ、そばかすになってしまうだけなんです。

紫外線を浴びた肌の再生能力

多少、紫外線を浴びたところで、人間の肌の再生力は優れていますから、直ぐにもとの美しい肌になります。

 

例えば、1時間紫外線を浴びたとして、その際に発生したメラニンは、肌の代謝機能であるターンオーバーによって、1ヶ月もすれば殆ど押し出され、いなくなっているのが当たり前です。
紫外線 シミ美白や美肌に重要なターンオーバーのサイクル

 

でも、その紫外線を浴びるのが毎日となると、メラニンも肌も大忙しです。

 

その結果、メラニンを押し出す作業と、メラニンを産む作業の比率がおかしくなり肌のバランスが崩れてしまうというわけです。

 

ほかにも、紫外線は肌のコラーゲンなどを破壊していきますので、肌のハリや水気に大ダメージを与えています。

紫外線 シミ1本でコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド補給のオールインワンゲル

 

紫外線 シミ

浴びなさ過ぎるのも健康に良くないですが、浴び過ぎるのもあまりおすすめできませんので、日傘や日焼け止めは常時つけることをおすすめします。

 

ただし、紫外線の影響を気にしすぎて、屋外に出ることに対して精神的ストレスになってしまうと、何よりもシミやくすみの原因となりますので、ある程度、紫外線防御は適度に意識して過ごす方が良いです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

紫外線がシミ・そばかす・くすみなど肌トラブルを起こすのは?記事一覧

美白ケアをする時に、最も気になるのは顔でしょう。シミやソバカス、くすみなどができる原因は、遺伝による体質やお肌のターンオーバーの乱れ、内臓障害やホルモンバランスの乱れ、精神的ストレスなど、さまざまです。しかし、一番多い原因となるのは、紫外線です。シミなどは肌の老化現象のひとつで、紫外線を浴びた時に、肌がもつ防御本能によって起こります。シミの種類と特徴について普段外出する時だと、胴体部分は衣類によっ...