美白成分シムホワイト377とは

美白化粧品として人気があるのはハイドロキノンが配合されている化粧品です。

 

ハイドロキノンは、既にできたシミやくすみなどを漂白効果で少しずつ薄める目的で、肌表面に表れたお肌のトラブルを解消する『対策目的』の成分と言えます。
シムホワイト377 デメリット美白成分 ハイドロキノンとは

 

その為、現状のくすみやシミで悩んでいる女性に、ピッタリの成分でもあります。

 

ただし、今は美白時代ですから、それだけで物足りないと思う女性もたくさんいます。

 

表面化した、シミやくすみに効果的なのはハイドロキノンですが、今後の肌トラブルを未然に防ぐ『予防目的』として人気があるのは、シムホワイト377です。

美白成分シムホワイト377の効果と特徴

では、シムホワイト377のメリットデメリットについて明記したいと思います。

 

シムホワイト377は植物由来成分ですので、ハイドロキノンに比べて、肌への刺激が少なくすみます。

 

ハイドロキノンと比べると即効性で劣りますが、継続することで少しずつシミやくすみを薄くしていくだけでなく、シミくすみ予防対策としても有効的に作られています。

 

逆にデメリットは、上記に記載をしているように、肌に刺激をあたえないよう低刺激で考えて作られているため、ハイドロキノンよりも効果が劣るということです。

 

表面化した、シミやくすみを取り除くことだけを考えるなら、正直、ハイドロキノンを重視していた方が効果的です。

 

ただ、シムホワイト377は予防型といわれている美白タイプですので、漂白型のハイドロキノンとは根本的な使い道が違うのです。

 

できているシミやくすみなら、対策目的として漂白型のハイドロキノンがおすすめで、今後の予防に向いているのが予防型のシムホワイト377です。

 

だからといって、シムホワイト377が既にできているシミやくすみに全く効かないということではなく、あくまでハイドロキノンと比べて劣る可能性があるという話です。

 

ですが、美白化粧品を選ぶ際に、ハイドロキノンとシムホワイト377の両方が、配合されている化粧品を選べば、全て解決です。

 

肌に表面化している、シミやくすみはハイドロキノンで対策し、今後のメラニンを抑えるにはシムホワイト377での予防と効果的に使用し続ければよいということです。

 

まさに一石二鳥というわけです。
シムホワイト377 デメリット美白化粧品のお試し品、配合成分の比較一覧表

 

NEXT:美白成分フラーレンとは

 

このエントリーをはてなブックマークに追加