美白成分ビタミンCとは

ビタミンの中でも、特にビタミンCは美白効果に優れていると言われています。

 

また、その中でビタミンC誘導体は厚生労働省が美白成分としての認可をされている成分でもあります。
ビタミンC デメリット厚生労働省が認可した美白成分の種類と特徴

 

大抵の美白化粧水や化粧品には、ビタミンCが配合されていて、逆にビタミンCを主成分として売りにしている化粧品も多いです。

 

オレンジ 輪切り

そもそもビタミンCは、日焼けをした際に活発になるメラニンを生成する、チロシナーゼを抑える働きがあります。
ビタミンC デメリット日焼け肌とメラニン色素について

 

昔から、オレンジやレモンを輪切りにして、顔パックとして使う美容法がありましたが、これはビタミンCを肌に直接吸収させることが目的でした。

 

また、ビタミンCには抗酸化作用もあり、老化防止のエイジングやニキビの炎症性色素沈着を抑える働きもあるとされています。
美白成分 ビタミンC炎症性色素沈着の治療

美白成分ビタミンCの効果と特徴

ビタミンCは、基本メリットが多くデメリットが少ないですが、過剰摂取することによって尿路結石になりやすいといわれていますので、摂取のしすぎは問題です。

 

ただし、化粧品での利用なら皮膚からの摂取になりますので、全くデメリットがないと言っても良いです。

 

その分、皮膚からの摂取は吸収率が悪く、デメリットはありませんが、効果があるかどうかは定かではない化粧品もあります。

 

ビタミンCは、口からの摂取より皮膚からの摂取の方が吸収率が低いので、ビタミンCを利用した化粧品はビタミンC誘導体高濃度ビタミンCと呼ばれてる吸収率の高い方法を利用しています。

美白成分として進化したビタミンC

美白化粧品に使われるビタミンCは、前述のビタミンC誘導体や高濃度ビタミンCが主流となっています。

 

ビタミンC自体にデメリットはありませんが、高濃度ビタミンCとビタミンC誘導体のメリットもデメリットがあります。

 

美白化粧品は上記のどちらかが、ほぼ配合されてるので、このメリットやデメリットも参考にして頂けたら幸いです。

 

高濃度ビタミンCのメリットは、文字通りビタミンCの濃度が高く浸透すれば高い効果が期待できます。

 

デメリットとしては、成分が不安定で空気や熱に弱く浸透力が低いので、浸透力を上げることが今後の課題と言われています。

 

逆に、ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、成分が安定しています。

 

その変わりに、高濃度よりも濃度が低く、効果が高濃度よりも薄いといわれています。

 

どちらが良いかと言われれば、どちらも良し悪しがあるので自分の肌の相性や浸透度で判断した方が良いと思います。
ビタミンC デメリット美白化粧品のお試し品、配合成分の比較一覧表

ビタミンCは食べ物からの摂取も美白ケアに効果的

ビタミンC フルーツ

美白肌を目指なら、化粧品にビタミンCが配合されている化粧品を選びつつも、口から摂取できるビタミン豊富なフルーツなどを定期的に摂取することをおすすめします。

 

食べ物で身体の内側から、美白化粧品で身体の外側からビタミンCを摂取すれば、当然、美白肌への近道です。

 

しかし、喫煙をしていると、せっかくビタミンCを摂取しても、その成分を破壊してしまうので、現在喫煙中だけど将来、美白肌を目指そうとしている方は、この機会に禁煙をお薦めします。

 

NEXT:美白成分アルブチンとは

 

このエントリーをはてなブックマークに追加