雀卵斑(そばかす)の治療について

雀卵斑(じゃくらんはん)は、シミの一種で、一般的にそばかすと呼ばれています。

 

名前の通り、スズメの卵の模様に似ているのが雀卵斑の特徴です。

 

雀卵斑は、直径3〜5ミリくらいの茶色の細かいシミが、顔の両側のほおに散らばってみられることが多く、顔だけではなく、手の甲や肩などにもできることがあります。

 

ほかのシミは加齢と共に目立ってくるのに対し、雀卵斑は幼児期や思春期に出てくることが多くなります。

 

また、雀卵斑は、比較的白人に多いのですが、色の白い日本人にも見られ、遺伝的要因が大きい場合もあります。

雀卵斑が肌に表面化する原因

雀卵斑は肌の中で、局所的にメラノサイトが活性化し、メラニン色素が沈着することで部分的に黒くなり、起こります。
雀卵斑 治療日焼け肌とメラニン色素について

 

活性化してしまうメラノサイトは、遺伝によって生まれつき存在しています。

 

メラノサイトは、隣り合って存在することはなく、周りのメラニン色素量を見定めて、メラニン色素の生成量を調節する機能があるので、ホクロほど黒くなりません。

 

また、雀卵斑同士の間も少し距離があり、大きさも米粒程度が限界になります。

 

雀卵斑も、紫外線に対するメラノサイトの反応によって起こるので、肌を陽射しに当てないようにすることが一番の予防になります。

雀卵斑を医療機関で治療する場合

雀卵斑を医療機関で治療する場合、レーザーで1つ1つ焼いていく方法が一般的です。

 

できてしまった雀卵斑を薄くするには、医療機関での治療が効果的です。

 

しかし、雀卵斑は遺伝的要因も大きくなるので、レーザーで薄くしても1年もすれば、またシミが濃くなってしまうというケースが多くなります。

 

また、遺伝的要因以外に年を重ねるにつれ、紫外線の影響によるシミが混じって数が増えたり、濃くなったりしていきます。
雀卵斑 治療紫外線がシミやそばかすなどの肌トラブルを作る原因

雀卵斑への美白化粧品効果と有効成分

このようなケースもあるので、高額なレーザー治療を受ける前に、美白化粧品を試してみるのもおすすめです。

 

ハイドロキノンやビタミンC誘導体の入った美白化粧品であれば、肌のターンオーバーを活性化させたり、メラニンの働きを抑える効果などで、雀卵斑を薄くしていく効果を期待することができます。
雀卵斑 治療ハイドロキノン配合美白化粧品の仕様や特徴比較

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

雀卵斑(そばかす)の治療について関連ページ

老人性色素斑
老人性色素斑は加齢とともに良くできてしまうシミですが、はたして美白化粧品で老人性色素斑を薄くすることは可能なのでしょうか?このページでは老人性色素斑に関する知識と、老人性色素斑に有効と言われる美白化粧品に特化したとっておきの情報が満載です
脂漏性角化症
脂漏性角化症は老人性色素斑が進行したものです。ここでは悩ましい脂漏性角化症に関する詳しい情報と脂漏性角化症を目立たなくさせる方法がぎっしりと詰め込まれています。脂漏性角化症は美白化粧品で治療することが出来るか?このページを見ればわかります!
炎症性色素沈着
ニキビが悪化しシミになる事を炎症性色素沈着と言いますが、このページでは炎症性色素沈着によるシミを美白化粧品できれいにするためのコツが満載です。また正しいスキンケアの方法やシミができやすい人とできにくい人の違いといった情報までヴォリューム満点でお届けしています。
花弁上色素斑
花弁上色素斑で悩んでいる方へ朗報です。このページは花弁上色素斑に関する知識・改善させる情報等、様々な視点から花弁上色素斑にアプローチをする方法が満載です。花弁上色素斑を改善させるにはまずはよく知る事!必見の内容です。
肝斑
肝斑があるとお肌が一気に老け込んだ印象となるので、薄くしたい方も多いでしょう。ここでは肝斑を薄くするためのエッセンスがしっかり詰まっていますので肝斑にお悩みの方は是非ご覧ください。予防法や美白化粧品の選び方等もここでばっちりですよ!